東村山駅前の小さな噴水のカルガモ一家

東村山駅前の小さな噴水のカルガモ親子

 

何年か前からここの噴水には可愛いカルガモがヒナを連れてきています。

 

ずっとそれは続いていて、志村けんの木しかなかった東村山の子供たちも喜んで名物にな

 

りつつあります。

 

それが最近、物議をかもしているらしいのです。

 

今日も東村山駅に行ってみましたが、カルガモはもう巣立ってしまったのか

 

噴水の中の死んだように汚い水とそばに貼られた抗議の文面が目立ちました。

 

エサ代を寄付する募金箱も撤去されたというのです。

 

本当の所は?

 

今まではここの水を抜いて、やぐらを組んで夏祭りをしていたそうですが、

 

カルガモ親子が来てからお祭りの場所を他に変えてやっていたそうです。

 

そんな優しい対応をしていた東村山市がなぜここにきてそんな問題になっているのでしょ

 

うか?

 

自民党のある議員の方だけは、自宅前の駅前ロータリーでの夏祭り開催に、異常な執着が有ります。

役所に勤めている方からも、聞いています。

カルガモを追い出したくて、カルガモを世話する人達に、長年、陰湿な嫌がらせをしていると地元では、有名です。

市役所の噴水は、最近、十分とは言えず、水も汚れています。病気になりそうで可愛そうです。

実話ですが、その議員が最近、市役所の某課長を同行して、4人で置いて有った餌用の募金箱を、強制撤去という暴挙に出ました。

間違いなく嫌がらせですね。池に、親2匹が食べるに十分なエサもないし、ヒナを置いて最近、親はいなくなりました。

 

という事らしいです。

 

ツバメ事件

 

何年か前に、東京ではないのですがあるゴルフ場の建物にツバメがたくさん巣を作って

 

お客様がフンで迷惑をするというので巣を叩き壊して、ヒナを殺してしまったという事件

 

がありましたがそれは明らかに法律に違反しています。

 

でも、今回のこともちょっとそれと似たようなにおいを感じてしまうのは間違いでしょう

 

か?

 

野鳥に積極的に餌付けをすることはあんまり推奨されることではないみたいで(鳥獣保護

 

法)すが

 

住処を求めてやってきた鳥たちを人間の利害関係で追い出すというのはあんまりに心無い

 

人間のやり方ではないでしょうか?

 

もっと、鳥たちも人間も幸せに暮らしていける方法があるはずなのに

 

考えもせずにやるやり方が何か。。。悲しい気がします。

 

餌用の募金箱を、強制撤去

 

餌用募金箱もダメなら、きちんと設置した人と話し合って撤去するなりやり方があったと

 

思うのです。

 

話し合いが足りない。

 

その犠牲がカルガモたちです。

 

人間の犠牲になるのが常に弱いものを言わない動物たちです。

 

 

このベストアンサーに選ばれたのが自民党の議員さん本人らしいです。

 

何でしょう。

 

私はここの市民ではないのでこの市の選挙権はありませんが、こういう市議を選んでし

 

まったことが間違いなのではないでしょうか?

 

 

カルガモの親子は毎年ここに来ていたのだから「噴水が汚れるから」という理由には納得できない。東村山市はきちんと市民に対し説明責任を果たすべきだろう。NETGEEK

 

私は東村山市民ではないので、これ以上何も言えませんが、駅前に汚い水の噴水があり、

 

そこにたくさんの抗議文等が貼ってあって

 

こういう物を読んでしまうと少なくともここに住んでみたい、素敵な街ですね。

 

動物を大事にするいい街ですねとは言えないですね。

 

それを市議である人がやっているという。

 

「地元が嫌い」と書いてあったけど、カルガモも、大嫌いなんですね。東村山市民で、カルガモをカモ鍋にしたいと思っているのは、貴方、つまり、駅前で冬祭りをやりたいH議員ぐらいしかいないと評判です。

私達、一般市民は、普通に合鴨の方を食べたいです。カルガモは、美味しかったですか?

自分の評判にビクビクして、カルガモガーガーさんという名前で、この投稿の為に新しいID を作ったんですね。バイキンマンより、カルガモガーガーの方が、貴方にピッタリでとても素敵です。

市民の噂が気になって、気になって、昼間からネットですか?

 

真実をはっきりさせて、東村山市はきちんと説明し、市民と話し合って解決をすることを

 

願います。