• 投稿 2018/03/29
  • 病気
緑内障の私が日常生活で気を付けている点・予防法

 

特に疲れ目以外自覚症状は何もなく、眼科にも通っていましたが

 

 

その当時は眼科医に何も言われることもなく生活していました。

 

 

引っ越しで東京に戻ってきて

人に紹介された眼科に行ったら「正常眼圧緑内障ですね。」と言われたのです。

 

 

今まで、眼科にも通っていてそんな話は全然言われたことなくて、寝耳に水の状態でした。

 

病気を見つけてもらってよかったと思っています。

 

緑内障は自覚症状が特にないうちに症状が進んでしまって、

医者に行ったときは手遅れという事が多いのです。

 

 

日本における失明率第1位

 

40歳以上の20人に1人が緑内障と言われています。

 

 

年齢とともに患者さんが増えていきますが、最近では患者さんは低年齢化してきて30代から発症して

 

緑内障であるにもかかわらずに気づかずにいる方々がたくさんいることもわかってきました。

 

 

ほっておくと失明という怖い病気です。

 

 

しかし、最近のい医学の進歩によって早期発見・早期治療で最悪の事態を避けることができるようになりました。

 

 

房水と眼圧

 

 

房水とは、目の中を循環する液体で、房水の循環によってほぼ一定の圧力が眼内に発生し、眼球の形が保たれています。

 

眼圧とは目の硬さという事になります。

 

 

目の中を循環して栄養を運ぶはずの房水がうまく排出されずに眼球内にたまって

眼球が内側から圧迫されるのが眼圧が高くなる原因です。

 

 

眼球が硬くなって(眼圧が上がると)眼球の奥にある視神経が障害されやすくなり、緑内障になる確率が高くなります。

 

 

通常の眼圧は10~21mmHGと言われています。

 

自分の眼圧知っていますか?

 

 

眼科に行って皆さん1度はやったことあると思うのですが、目を大きく開けて眼球に空気があたる器械で眼圧を測っています。

 

 

眼圧は一定ではなく、体調やいろいろな状況によって変わってきますので

ご自分の普通の眼圧はいくつか知っておくといいですね。

 

 

私は普通、13ですがそれでも緑内障ですから、正常値だからと言って

安心はできません。

 

 

 

「正常眼圧緑内障」の患者さんが過半数を占めていることが判明したからです。

 

 

緑内障の症状としては

 

 

視野が狭くなってきて、最後は失明してしまうのです。

 

視野は鼻側から徐々に中心部へと欠けてきます。

 

 

人間普段は両眼で見ているので、片方の調子が悪くても、もう片方で補ってしまうので

少し位見えにくくても気が付きにくいのです。

 

それが発見を遅らせる原因となっています。

 

 

私は眼圧が高い時は、眼球の奥がジーンと重苦しく痛い感じになって、目をつむって休みたい感じになります。

 

 

でも、その症状だけでは判断しにくく、ほかの病気の時もありますので

まずは病院で見てもらうのが一番です。

 

 

最近では、眼圧が正常でも緑内障になる原因として

視神経がもともと弱い、視神経の血流不足、加齢、強度近視、低血圧でも起こりやすいことが分かってきたのです。

 

 

緑内障の対処法

 

眼圧を下げるのが基本の治療になります。

 

眼圧を下げる点眼薬

 

房水を排出する手術・レーザー治療があります。

 

私は毎月1回定期検診を欠かさず、点眼薬をもらってきています。

 

半年に1回、視野の検査。

 

私は点眼薬で眼圧が抑えられているので、毎晩1回の点眼ですんでいます。

 

 

日常生活の注意点

 

 

眼圧をあげないような生活習慣の改善をすることです。

 

 

体調が悪くならないように普段から気を付ける事(これは何事においても基本ですね)

 

 

風邪を引くと緑内障の人は飲めない風邪薬がありますので、病院の先生に緑内障ですと告知しないといけません。

 

(初診の時のアンケートにも忘れずに書いてくださいね。)

 

 

うつ伏せで寝ない。うつ伏せで寝ると眼圧が上がります。なるべく、目を圧迫しないように寝ましょう。

 

 

ネクタイをきつく締める、シャツのボタンを上まできっちり閉めることは止めて、なるべく緩めにシャツは第一ボタンは開けましょう。

 

 

あと、スマホの水平見です。あんまりうつむいて長時間見ることはしないようにしましょう。

 

 

房水の流れが悪いのは血流障害と言われているので、毛細血管の流れを悪くするたばこは止めるようにしましょう。

 

 

禁煙です。

 

 

有酸素運動をすると眼圧が下がることが分かってきました。一日、散歩程度に楽しく13000歩、少しづつ分けて歩きましょう。

 

 

全身の血流を良くすることで眼圧が下がるそうです。

 

 

少食と夜9時に寝るのもいいそうです。(これはちょっと私には無理ですね)

 

 

目の疲れをとるために目の体操をする。えんきんを見る習慣をつける。(目の疲れを取り、血流を改善してやる)

 

 

水分も大事です。水分補給も気にかけてしてください。

 

 

お風呂で目にシャワーをかけて温めるのもいいそうです。身体を温めてリラックスしてやってください。

(40℃両目5分)

 

 

上下まぶたのマッサージも一緒にやるといいです。(その時、眼球を強く押さないように)

 

 

私は寝るときに目を温めています。これも血流改善にいいというより、目の疲れも取れぐっすり眠れます。

 

 

最後に

 

 

これも生活習慣病ですね。

 

 

魚と肉をバランスよく食べる

 

 

緑黄色野菜を取る。とくにカシス・ブルーベリーは目にいいですね。

 

 

煙草を控える。

 

 

紫外線に気を付ける。サングラスはレンズの色は濃いものじゃなく色の入っていないくらいの淡いものが目のためにいいと先生に言われました。

 

 

目の健康維持のためにアミノ酸を取る。

 

 

目のえんきん体操。

 

毎日の全身の適度な運動。(3ヶ月以上続けることが大切)

 

 

まとめ

 

 

眼球の房水の産生、排出は自律神経のバランスにかかわっているのでストレス等でバランスが崩れないように生活することが大事です。

 

 

緑内障・白内障は自律神経のバランスが崩れた状態なのです。

 

 

日々の生活から自分の目を守るようにしましょう。