• 病気
指の第一関節が痛く変形してくるヘパーデン結節の治し方
 

スポンサーリンク


指の変形、原因はホルモンバランス

 

何かをつまんだときに指がズキズキと痛んだり、どこかに指をぶつけるとズキン!と激し

 

く痛む。

 

料理をするにも、洗濯をするにも手を使わないわけにはいきません。

 

包丁を握ったり、洗濯バサミを持つたびに走る鈍痛。

 

しかも指が変形してきて、指輪とか入らなくなってきた。

 

何もしていなくても鈍痛で、日常生活スッキリとしない。

 

ヘパーデン結節とは

 

指の第1関節(DIP関節というそうです)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。

 

第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。

 

この疾患の報告者へバーデンの名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。

 

いろいろな程度の変形がありますが、すべての人が強い変形になるとは限りません。

 

ヘバーデン結節で医療機関を訪れるのはほとんど女性ですが、実は発症率に男女差はな

 

いそうです。

 

年を取ると男性も起こすのですが、なぜか男性はあまり痛みを感じず、放置できてしま

 

うらしいです。

 

指の変形には「使い過ぎ」より「ホルモン」が影響

 

「これら手の病気はエストロゲン(卵胞ホルモン)と深い関係があり、妊娠時、産後、更

 

年期に起こりやすいそうです。

 

もともとエストロゲンは腱や滑膜(関節を包む膜)の腫れを取る抗浮腫作用があり、

 

生理前に体がむくむのもエストロゲンが減るためだそうです。

 

閉経して急にエストロゲンが出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなる。

 

腱鞘炎にしても、実際は手の使い過ぎで起こることは少ないという事です。

 

9割は更年期の女性だそうです。

 

つまり、ヘバーデン結節やブシャール結節といった「指の変形」は更年期障害の一種とい

 

うことです。

 

更年期障害というと一般に、のぼせ、イライラ、ゆううつなどの症状が知られていますが、

 

指の変形はこれらメジャーな更年期障害が起きない人に多く見られるそうです。

 

そう言われてみると、私も特に更年期という症状はなく今までわりと元気で過ごしてきま

 

した。この指の症状を抜かしては。

 

代表的なものは「ヘバーデン結節」と「ブシャール結節」。

 

前者は第一関節(爪に近い関節)、後者は第二関節が変形する病気だ。

 

両方を同時に発症することもあるが、ちなみに親指は第二関節がないのでブシャール結節は

 

できない。

 

指が変形する手の疾患

 

ヘバーデン結節:親指から小指のDIP(第1)関節変形。40歳以降の発生に男女差は無し。

 

使い過ぎも原因のひとつだが、女性では使い過ぎとは無関係なことが多いそうです。

 

ブシャール結節:人差し指から小指のPIP(第2)関節変形。更年期以降の女性に多い。女

 

性では使い過ぎとは無関係なことが多いそう。

 

ヘパーデン結節の原因

 

女性ホルモン、手の使い過ぎによる筋肉、筋膜の疲労が原因とする説もありますが

 

実は腎臓のストレスが原因でホルモン、筋肉、筋膜に異常をきたすのです。

 

この腎臓がストレスを受けると東洋医学では耳の病気、髪の毛が抜ける又は白髪、脳・脊

 

髄、頭痛、喉、膀胱、生殖器、血液、関節、などに異常が出る、骨の病気などになると言

 

われているのです。

 

それが指に出たのがヘバーデン結節でありプシャール結節です。

 

健康診断では腎臓では引っかからないといわれるかもしれませんが確実に腎臓にストレス

 

がかかっているそうです。

 

腎臓にストレスがかかっている間は腫れがひどくなったり、指が曲がったり病気は進行を

 

続けます。

 

指の関節が腫れるので関節リウマチと間違いやすいのですが、関節リウマチでは指先から

 

みて二番目の関節(近位指節間関節)が腫れる特徴があり、この点で変形性関節症と鑑別

 

されます。

 

治療と予防

 

治療

 

保存的療法としては、局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがありま

 

す。

 

ユビサポーターなども使ってみるといいでしょう。

 

これは指専用のサポーターで指の第二関節を保護するものです。

 

スポーツ選手などにも使われていて突き指を防止する目的で使われています。

 

このユビサポを使い続けて、ヘバーデン結節の人で指の痛みが良くなったという人もいま

 

す。

 

価格も安いので、テーピングなどがめんどうな人には良いかもしれません。

 

急性期では少量の関節内ステロイド注射なども有効だそうです。

 

治療は関節の炎症ですので、消炎鎮痛剤の内服薬あるいは外用剤が用いられます。

 

薬品名でいえば、ボルタレン、ロキソニンの類です。

 

これらの薬で良くなる人も多いです。

 

保存的療法で痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、

 

手術も行われます。

 

手術法にはコブ結節を切除するものや関節を固定してしまう方法が行われます。

 

重症の場合は関節の固定や人工関節を入れる手術を行うが、いずれも30分から1時間程

 

度、入院してもせいぜい1泊ということです。

 

予防

 

第1関節が痛むときは安静にしましょう。

 

痛くても使わなくてはならないときは、テーピングがお勧めです。

 

普段でも指先に過度な負担が生じることを避けましょう。

 

更年期を過ぎてしまえば新たに発症することはなくなるが、変形が悪化することはあるそ

 

うです。

 

痛みもさることながら、将来、変形した指に悩まないためにも、症状が出たら我慢せ

 

ず、早めに対処してください。

 

整形外科ではシップしてくださいと言われました。

 

漢方で治す

 

よく苡仁湯は、よく苡仁(はとむぎ)だけでなく、麻黄(まおう)、当帰(とうき)、甘

 

草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、朮(じゅつ)という生薬が配合

 

されていますが、これらの生薬にはいずれも炎症を抑え、痛みを鎮める作用のあることが

 

明らかにされています。

 

指関節痛だけでなく、膝関節痛でも一定程度有効です。

 

しかし薬の限界はあり、手術の適応のある症例には難しいらしいです。

 

ヘバーデン結節の予防法

女性に多く見られるヘバーデン結節ですが(男性にも発症します)、自分の母親や祖母な

 

ど身近な人がヘバーデン結節になっていると、遺伝するのではないかと不安になります。

 

私も指を見たら母も同じような指でこれは遺伝もあるんだろうかと思っていました。

 

遺伝がヘバーデン結節の原因でないそうですが、同じ生活習慣を送っていれば

 

同じようにヘバーデン結節になる可能性があるそうです。

 

将来ヘバーデン結節にならない為に気をつけると良いこと、予防法についてまとめてみま

 

した。

 

ヘバーデン結節は、現代の医学でも、原因不明といわれています。

 

適切に対処すれば、ヘバーデン結節の痛みが緩和していきます。

 

実際にへバーゲン結節の方が実践して、痛みが緩和されたという声も聞いています。

 

実践してみましょう。

 

できる限り手や指の負担を減らしたうえで、これから紹介する対処法を行うことで、効果

 

が出やすくなっていくでしょう。

 

ヘバーデン結節の痛みの緩和! 今からできる対処法

 

1.お湯で手を温める たらいやバケツにぬるめのお湯を入れて、10分程度、手を温め

 

ます。

 

ヘバーデン結節の痛みについては、筋肉の硬さが原因になっているらしいです。

 

お湯で温めることで筋肉が柔らかくなっていきやすいです。

 

熱すぎるお湯だと筋肉がゆるみにくいので、ぬるめのお湯であることがポイントです。

 

時間が取れるのであれば、手だけでなく、全身を温められる「お風呂」がいいでしょう。

 

お風呂に入ったり、手を温めるだけで、多少痛みがましになったとおっしゃる方もいま

 

す。

 

お湯やお風呂で温めることを、毎日の習慣にするといいですね。

 

2.手をぶらぶら振る

 

お風呂に入ったあとは、軽く手をぶらぶらと振ってください。

 

ヘバーデン結節になる方は手首、指の動きが悪くなっているため、手を振ることで動きを

 

良くしていくためです。

 

指や手首の筋肉が柔らかくゆるんでいくという効果もあります。

 

<手をぶらぶら体操の手順>
① 片方の肩をだらんと脱力して下げます。
② 下げたほうの手首、指をぶらぶらと、しなやかに振ります。15~30秒が目安です。
③ 逆側の肩を同じようにだらんと下げます。
④ 同じように下げたほうの手をぶらぶらと振ります。

 

 手首だけではなく、指の関節もしやなかに動くように、できるだけ脱力しましょう。

 

一生懸命動かそうとすると逆効果です。

 

 手や手首が固まっている方は、うまく動かない場合もあります。

 

 左右差を感じてみてください。多くの場合、右、左で動かしやすさが違います。

 

 痛みがある場合は無理に行わないでください。

 

3.腕を優しくなでる

 

ヘバーデン結節になる方は、腕の筋肉が硬く、緊張していることが多いです。

 

腕の筋肉の緊張を取る方法として、「軽くなでる」のが良いです。

<腕をなでる体操の手順>
① 手をぶらぶらする体操(上記)を行います。
(指が柔らかくなってから、腕をなでる体操をすることで効果が出やすいからです)
② 自分の手の指を使って、腕を優しくなでます。可能な限り優しくなでていきます。弱ければ弱いほど良いです。
肘から手首まで、往復させるのではなく、一方方向になでていきます。
10~20回を目安にしてください。
③ 反対側の腕も同じようになでていきます。

 

 いかに優しくなでられるかがポイントです。

 

こんなに弱くていいの、と感じるくらい優しくなでてください。

 

 指で腕を押し込んだりすると逆効果になり、痛みが悪化することもありますから、とにか

 

く優しくを心がけてください。

 

 痛みがある場合は無理に行わないでください。

 

4.甘いものを控える

 

ヘバーデン結節になる方は、甘いものを多く食べているケースが多いです。

 

甘いものを控えることで、痛みがましになったという方もいました。

 

理由として考えられるのは、甘いもの(砂糖)によって、血流が悪くなり、冷えの原因に

 

もなります。

 

身体を動かすために必要な栄養素を、砂糖が消費してしまうとも言われています。

 

また、これは私の感覚的なところが大きいですが、砂糖を多くとっている方の筋肉は、冷

 

えていてポチャッとしており(柔らかいのとは違う)、弾力性がなくなっている印象で

 

す。

 

ヘバーデン結節で悩んでいるのであれば、一度、甘いものを控えてみてはいかがでしょう

 

か。

 

5.1日1時間、ゆったりする時間を作る

 

ヘバーデン結節になられる方の性格として、「とにかく何かをしていたい」「人に任せら

 

れない」「休めない」という方が多いです。

 

これらの性格がいい、悪いということではありません。

 

身体にとって、適切な休息は必要なのです。

 

ずっと動きっぱなし、緊張しっぱなしの生活を続けると、体のあらゆるところに痛みや不

 

調として現れてきてしまいます。

 

今までの生活習慣を続けていると、なかなかヘバーデン結節の痛みが回復していかないの

 

ではないでしょうか。

 

急にすべての生活習慣を変えるのは難しいです。

 

1日1時間でいいので、完全に休息する時間を作ってみるところから始めてください。

 

ゆったりした気持ちで過ごしてください。

 

少しずつでいいので、休む時間を作っていきましょう。

 

この5つの対処方法は、これまで多くの方にお伝えして、効果があったものを厳選してい

 

ます。

 

ただ、知識だけ増えて、何かしらの行動を起こさなければ、ヘバーデン結節の痛みはよく

 

なっていきません。

 

一つでもいいので実践してみてくださいね。

 

痛みが強く、赤く腫れている時は、アイシングをお勧めしている先生もいます。

 

アイシングの冷却時間は、約20分です。

 

この時間が適度に効果を得ら れ、かつ冷やしすぎにならない時間です。

 

指のアイシングには、小さいアイスパックを用意し指に当てる方法と 氷水を入れたコッ

 

プに指を浸す方法があります。

 

色々やってみて自分が気持ちいいと思う対処療法をして見てください。

 

若い女性にも増加中

 

ここまで読んで、「な~んだ、更年期の病気なのね。若いわたしには関係ないわ」と思っ

 

ているそこのアナタ。油断は禁物。

 

都市部では、妊娠中や更年期ではない若い女性にもこれらの病気が増えているらしい。

 

生理がある年代では痛みだけで、関節の変形までは起きない。

 

そのため医学的には「結節」ではなくて「関節炎」だが、原理は同じだ。

 

「妊娠・出産によってエストロゲンを消費していない女性は乳がんや卵巣がんになりやす

 

いことが知られていますが、出産経験のない30~40代の女性は手の関節炎も起こしやす

 

いのです。

 

手の関節炎は普通の病院に行っても原因がわからず、「使い過ぎ」「年のせい」で片づけ

 

られてしまうことも多いそうです。

 

不調を感じたら、信頼できる専門医に診てもらおう。

 

日本手外科学会のホームページを見ると、全国の「手外科専門医名簿」が載っています。

 

ぜひ参考にしていただきたい。

 

「スマホの使い過ぎで指が変形する」という噂はガセですが、使い過ぎで腱鞘炎が起こる

 

ことはあり得ます。

 

スマホの使い過ぎで指や手首に痛みを感じたら、作業を中断して流水などで冷やすことを

 

心がけましょう。

 

最近、このヘパーデンがテレビで取り上げられていました。

 

それだけ、この病気に悩んでいる方が多いという事でしょう。

 

その中で「エクオール」を飲むと改善される方がいるそうです。

 

エクオール (Equol、4′,7-イソフラバンジオール)は、腸内細菌によってイソフラボンの一種であるダイゼインから代謝されるイソフラバンジオール(英語版)である。 エストラジオールなどの内因性エストロゲンホルモンはステロイドであるが、エクオールは非ステロイド性エストロゲンである。しかし、約30-50%のヒトしかエクオールを作る腸内細菌を持っていない。引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/エクオール

 

試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク


まとめ

 

あなたがヘバーデン結節になった意味を考えてみてください。

 

これまでの生活を振り返ってみて、手に負担をかけすぎたことはなかったでしょうか。

 

自分ひとりで何でも抱え込んだり、身体を休める暇もなくせかせかと動いたりしてきませ

 

んでしたか?

 

対処法を色々行いながら、これまでの生活をぜひ振り返ってみてくださいね。

 

変形性関節症とはその名前からもわかるとおり、関節が変形してくる病気です。

 

手の指の関節に変形が見られるものを、「変形性指関節症」といいます。

 

「ヘバーデン結節」がその1つです。

 

また、指の骨が変形してくる関節症としてはリウマチがありますが、ヘバーデン結節との

 

違いは検査でわかります。

 

次に、指の第二関節に同じような症状が出る「ブシャール結節」があります。

 

稀にヘバーデン結節とブシャール結節を同時に発症することもあり、

 

関節の多い指ですので注意が必要です。

 

親指の付け根の関節に痛みがあらわれ、亜脱臼しやすくなる変形性関節症が「母指CM関節

 

症」です。

 

このように指の変形性関節症には症状が出る関節の場所により名前が異なる、3つの関節

 

症があります。

 

ヘバーデン結節を含めこれらの変形性指関節症は、病院では治らないと言われ治療法が確

 

立していません。

 

テーピングや湿布などの治療法が一般的です。

 

ですが、どの変形性指関節症でも原因は同じですので、「ヘバーデン結節の解消法」で効

 

果があらわれます。

 

指にできたコブが小さくなったり、痛みがおさまったり、少し時間はかかりますが指の変

 

形にも効果が見られます。

 

変形性指関節症は治していくことのできる病気です。

 

ご自分の手に負担をかけてきたのではないかと思ったら、いたわるように生活習慣を変え

 

たり、食事に注意したり、温めたりしてみてください。

 

ヘバーデンと一緒に解消された症状

生活習慣や食事に注意するとすると同時に、ひどい足のむくみや静脈瘤、腰痛もよく

 

なったりすると聞いて、とても驚きました。

 

病院では「治らない病」と言われたヘバーデンにも効果があり、それ以外の病気もよくな

 

るなんて信じられないと知人も喜んでいました。

 

病院では難しい病気で原因もわからないのですが、東洋医学的にみれば

 

ヘバーデン結節の原因は明らかで、良くしていくことができます。

 

ヘバーデン結節は、これまでの生活の積み重ねでできた悪循環を自ら変えていかなけ

 

ればなりません。

 

指の変形や痛みから解放されるために継続してみてください。

 

腰痛や足のむくみがなぜ治ったのか聞いてみると、東洋医学ではヘバーデン結節は腎経の

 

病気で、腎をよくすれば他の腎経の病気も良くなるそうです。

 

腰痛なども腎経の病気だったようです。

 

他にも、膝痛や耳鳴りなどにも効果があるそうです。

 

半信半疑で始めたヘバーデン結節の治療法が、毎日の日課になってくるといいですね。

 

 

・適度な全身運動を続ける
・体が硬くならないように柔軟性を保つ
・猫背など姿勢に気をつける
・コーヒーを頻繁に飲まない
・偏った食生活に気をつける
・良質なビタミンCをとる
・アルコールは控える
・必須脂肪酸をバランスよく摂る
・背骨や骨盤など身体の歪みを整える

 

 

ヘバーデン結節は日常生活に直結した病気だと感じています。

 

これらに気をつけるということは、すなわち健康体になるとも言えます。

 

ヘバーデン結節になってから気をつけるのではなく、こうしたことを早い時期から予防し

 

ていくことが大事なのだと思います。

 

指の不調は我慢したり、一時的なものかなと甘く思いがちです。

 

早期診断と初期の適切な対処が大切だということ、ヘバーデン結節にも同じことが言える

 

ということを知ってほしいと思います。

 

病院の治療では治らないのであれば、治る可能性のある整体や鍼治療などの東洋医学をた

 

めしてみるのも良いと思います。

 

へバーデン結節の治療・解消に有効なサプリメント

 

へバーデン結節は、腎臓に密接にかかわってくる病気であることから、食生活が症状に大

 

きく影響してきます。

 

へバーデン結節の方に有効なサプリメント成分をご紹介いたします。

 

サプリメントはビタミンC、マルチビタミン、オメガ3 プロバイオティクスなどを推奨

 

しています。

 

ビタミンC

 

抗酸化作用が強く早く血液をきれいにしてくれます。

 

また、コラーゲンの材料ですので細胞膜、筋膜を正常化し老廃物の排出を促してくれます。

 

マルチビタミン

 

ビタミン、ミネラルの不足分の補給に最適です。

 

成分単体で取り入れるよりもマルチとして取り入れたほうが吸収、バランスがいいようです。

 

オメガ3

 

抗炎症作用が強く慢性疾患の予防、改善に用います。

 

また、脳、目、生殖器、関節にも有効であります。

 

動物性(フイッシュオイル)のオメガ3が有効になります。体に必要なのはEPAとDHAです。

 

アマニオイル、えごま油などの植物性のオメガ3はαリノレン酸なのです。

 

もちろんαリノレン酸も体に入りますとEPA、DHAに変換しますが

 

その変換率が悪いので効果的にとるなら動物性のほうがベターです。

 

プロバイオティクス

 

ビフィズス菌、乳酸菌などの腸内細菌群のサプリメントです。

 

腸内環境を整えることは慢性疾患の人には特に必要となります。

 

腸の絨毛組織の隙間が空いてしまうリーキーガット症候群の人

 

(アレルギー、便秘、慢性症状を持っている人)

 

はそれを早く改善しないと毒素が直接血管の中に入り込み腎臓にもストレスを

 

かけてしまいます。

 

それを改善するにはプロバイオティクスが必要になります。

 

ヘパーデン結節だけでなく、健康体が手に入ったら言うことありませんね。

 

生活習慣の見直しをしていきましょう。

スポンサーリンク