記事一覧

2019ゲリラ豪雨とうまく付き合う 一歩先行く対処法

近年、気象庁をも欺くゲリラ豪雨。

 

予測が困難な、積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨ですが、現在の予報技術では正

 

確に予測することは困難です。

 

そのため対策が遅れ、過去には、大きな被害につながったこともあります。

 

ゲリラ豪雨は地形によっては土砂流、崖崩れなどを起こし、河川では増水や氾濫などを招

 

きます。

 

特に近年は都市化の進行によって、ゲリラ雨の被害は家屋の浸水や道路の冠水にまで及

 

び、住民の生活に直接関わる被害を出しています。

 

ゲリラ雨は予測が困難なものの、天気図によって発生しやすい大気状態かどうかを判断す

 

ることは可能です。都市部に住んでいて、ゲリラ豪雨を経験したことがないという人はま

 

ずいないでしょう。

 

被害を最小限にするために、そのゲリラ豪雨について考えていきます。

 

ゲリラ豪雨とは

 

ゲリラ豪雨が多くなる梅雨末期や台風の季節には、特に毎日の天気予報に気をつけること

 

です。

 

ゲリラ雨は数時間前には兆しが見えてくるため、テレビやラジオ、インターネットなどで

 

最新の状況を確認することによって被害を抑えることにつながります。

 

そして住んでいる地域の地理の特性や、過去の自然災害をあらかじめ把握しておくことも

 

重要です。

 

ゲリラ豪雨は降ってきたら最後、もうびしょぬれです。傘も役に立ちませんね。

 

いまや、民間のGPSを使った予報やメール配信サービスが注目されています。

 

この記事の続きを読む

スポンサーリンク