カテゴリー:病気の記事一覧

たら、うに、しんげん

ロングレンジキーワードを使いトレンドサイトを資産ブログにする方法

カテゴリー:病気
熱中症の今からできる対処と予防法  
熱中症の今からできる対処と予防法  

 

 

いつも健康だからといって「熱中症」にならないとは限りません。

 

誰もがなりうるものですので、注意が必要です。

 

梅雨明けこそ熱中症のリスクは高い

 

実は熱中症は、夏の8月と並んで梅雨の晴れ間や梅雨明け直後に多いと東京消防庁が発表

 

しています。

 

熱中症と言えば気温だけに気にしがちですが、実は「湿度の高さ」も注意しなければなり

 

ません。

 

湿度が高いと、身体の熱を放出する力が弱まるため、かいた汗が蒸発しにくくなり、

 

体温が十分に下がらないため、気温が同じであれば、湿度が高いほうが、熱中症になりや

 

すくなります。

 

熱中症になりやすい原因は、脱水状態や、睡眠不足、腸内環境の悪化などで体温調節機能

 

がうまく働かなくなることにあるのです。

 

人間は暑くなると汗を出して気化熱で身体を冷やしますが、体温調節機能にトラブルが起

 

きると自律神経が乱れてしまい、

 

血流障害が起こり、めまいや頭痛、吐き気などの熱中症の症状が起こるのです。

 

 

また、熱中症で死亡した人の90%が屋内で65歳以上の高齢者やエアコンの不使用の

 

ケースが多いそうです。

 

男性に多く、性別に関係なく幼児・高齢者 特に高齢者は死亡率が高いので注意が必要で

 

す。

 

乳幼児の場合には、体温調整機能が未熟で発汗量が多いことが原因で発生します。

 

 

車の中に子供たちをおいて買い物するとかは危険です。

 

車内にエアコンかけて行っても、エンストを起こし、エアコンが止まっていて乳幼児が死

 

亡した例もあります。

 

熱中症にならないための注意点

 

なってからの応急処置のスピードも大切ですが、大切なのは今からならないための予防方

 

を勉強しましょう。

 

5月ごろからしっかり準備することが大事です。

 

水分補給

 

喉の渇きを感じる前にこまめに水分を取ることが大事です。(経口補水液が理想)

 

普段、スポーツドリンクをおいしいと思ったことがないのに、飲んだに時においしいと感

 

じる時はかくれ脱水になっている可能性があります。

 

また、水分補給はできていても、塩分が補給できていない場合があるので経口補水液を用

 

意しておくことも大事です。

 

のどが渇いたと感じた時は、すでに脱水状態であると覚えておいてください。

 

特に高齢者は自分で体の異変に気付きにくくなっているので、周りの人が気を付けてあげ

 

ましょう。

 

エアコン

 

室温28℃、湿度70%を超えたらエアコンを使うようにします。

 

暑さ指数を常にチェック

 

暑さ指数とは、単なる気温とは異なり、人体への影響が大きい

 

1.湿度

2.日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境

3.気温

 

の3つを取り入れた指標です。

 

危険、厳重警戒、警戒、注意、ほぼ安全の5段階に分かれています。

 

テレビの天気予報等をこまめにチェックして、対処することが大事。

 

特に運動や労働時は、注意が必要です。

 

体を動かしている時は、

 

15分~20分おきには休憩をとり、水分補給しましょう。

 

環境省熱中症予防情報サイト

 

普段からの注意・持病

 

持病があり普段から薬を服用している、風邪をひいている、疲労がたまっているなども、

 

抵抗力が低下している場合はリスクが高くなります。

 

発熱や下痢をしている場合も脱水を起こしやすく危険です。

 

発熱や下痢の症状が、すでに熱中症の症状である可能性もありますので、気をつけましょ

 

う。

 

高血圧や糖尿病、認知症など持病がある人、高齢者は周りの人のサポートが重要です。

 

暑熱順化

 

「暑熱順化(しょねつじゅんか)」とは、夏の暑さに耐えられる体になることです。

 

暑熱順化させるポイントは、汗をかくことであり、軽い運動を一週間ほど行うと、暑さに

 

なれるそうです。

 

本格的な暑さになる前に、軽い運動を行なって、自力で汗をかくトレーニングを行なうこ

 

とによって、体温の上昇を察知して汗をかき始めるタイミングが早くなるそうです。

 

スポーツ医科学講座の研究チームが提唱している「インターバル速歩」がおすすめ。

 

インターバル速歩のやり方

 

「速歩3分」「普通歩行3分」を繰り返す
インターバル速歩をすることで、脚の筋肉を鍛えて、血液量を増やし、血液を全身に送ることができます
早歩きの時は、息が弾む程度の速度で大股で歩く
自分の最大運動能力の70%ぐらい、10分続けると汗ばむ、20分だとすねの筋肉が痛くなる程度の強度
1日30分を目安に

運動後に必要なのは、糖質とたんぱく質(アミノ酸のもと)です。

 

糖質とたんぱく質がバランスよく補給される飲み物は、「牛乳」がお勧めです。

 

牛乳に含まれる栄養素(たんぱく質・糖質)が肝機能を高め、血液量を増やし、汗をかき

 

やすくなります。

インターバル速歩の1時間以内にコップ一杯(200ml)を飲むように!

 

腸内環境を整える

 

乳酸菌を含んだ発酵食品(ヨーグルトやキムチ、納豆など)や食物繊維が豊富な野菜を意

 

識して食べて腸内環境を整えることが大事です。

 

暑い中での無理な運動を避ける

 

運動時は熱中症のリスクが高まります。暑い時に急に運動を始めるよりも、日頃から運動

 

をし、体を慣れさせておく必要があります。

 

服装

 

吸水性や速乾性に優れている通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。

 

体を締め付けすぎないように気をつけ、熱を逃す工夫をします。

 

淡い色の方が暑さを吸収しにくいので、白などの色を選ぶようにして、

 

帽子や日傘で日差しを遮るようにします。

 

気温と湿度のチェックを怠らず、夏になると毎日予報がでますので、

 

気にかけて服装などを決めると良いでしょう。

 

 

疲労回復にはビタミン・クエン酸

 

積極的に摂ると良いのは、疲労回復を促すビタミンB1やクエン酸、

 

汗で失ってしまうカリウムなどです。

 

また、暑いからといって、軽い食事だけで済ましていると、体力が低下し、

 

暑さへの抵抗力が低くなってしまうので、しっかり食べるようにしましょう。

 

夏に旬の食材は、体を冷やし、食欲を増進させる働きを持つものが多いので、

 

旬のものを積極的に食べるのがオススメです。

 

熱中症の原因は高血糖も

 

高血糖が続くと、血液中の糖濃度を下げるために水分を送り続けることになり、

 

体の水分が血中に送られ、脱水状態になってしまうのです。

 

そうなると、温度調節が上手くいかずに、熱中症になってしまう恐れがあります。

 

ご飯などの食べ物だけではなく、ジュースやビールなどの飲み物に含まれる糖によっても

 

高血糖になる恐れがあるのです。

 

ビール(430ml)角砂糖約3個分

炭酸飲料(500ml)角砂糖約18個分

スポーツドリンク(500ml)角砂糖約8個分

 

熱中症予防の水分補給としては、即効性としてスポーツドリンクを飲むのはいいのです

 

が、ペットボトル症候群という清涼飲料水や炭酸飲料の飲み過ぎで起こる高血糖もあるの

 

でジュース等の飲み過ぎには注意が必要です。

 

日常生活では、スポーツドリンクは糖分が多量に含まれているので避けた方が良いです。

 

ジュースも同様で、糖分の過剰摂取につながるので避けましょう。

 

なるべくカフェインの含まれていないお茶や水を常温で飲むようにします。

 

カフェインが含まれたお茶は、利尿作用があり水分を排出してしまいます。

 

熱中症予防に良い飲み物

 

運動時は、良く冷やして吸収を良くしたスポーツドリンクや、

 

水1リットルに、砂糖大さじ4、塩小さじ2分の1を加えた


簡易の経口補水液
を用意しておきましょう。

 

梅雨からの高血糖予防&熱中症対策にトマト🍅が有効

 

トマトのリコピンには血糖値の上昇を抑える効果が期待でき

 

トマトを一日一個摂取することがいいそうです。

 

また、カゴメが研究発表したところでは食前に野菜ジュースを飲むことは、

 

食前に野菜ジュースを飲むと野菜サラダを摂取した場合と同等の食後血糖値上昇抑制効果

 

があるそうです。

 

また、食後30分前に摂取したほうが最も効果が高いことが分かったそうです。

 

熱中症になったら

 

適切な対処がなされないと、発症から時間が経つにつれて、進行し重症化していきます。

 

軽度のうちに症状に気が付き、適切な対処をし、症状の進行を食い止めることが大切で

 

す。

 

まず、救急車を呼びましょう。

 

一度症状が出ると、進行が早いです。

 

・涼しい場所に移し(クーラーの効いている部屋など)衣服を緩めリラックスさせる。・首筋、脇の下、脚の付け根を(冷たいペットボトルなどを使って)冷やす

・顔が赤いときは頭を高く、青白ければ足を高くして寝かせる。

・意識があり、嘔吐がなければ水分補給させる(経口補水液が理想)

・皮膚が熱ければ、風を送ったり熱い部分にぬれタオルを当てる

・皮膚が冷たければぬれタオルをしぼり、冷たい部分をマッサージ

・意識がなかったり、急に体温が上がったらすぐ救急車を呼ぶ

 

 

判断力や注意力が著しく低下し、ぐったりとしている場合には要注意です。

 

すぐに十分な塩分と水分の補給に加えて、環境の改善を行います。

 

医療機関へ搬送し、入院が必要になることがあります。

 

対処が遅れると重症化してしまうので、

 

意識障害や、大量に出ていた汗が止まり、皮膚の渇きがある場合には、

 

一刻も早い冷却と病院への搬送が必要です。

 

高熱によって、後遺症が残る場合や、死に至ることがあります。

 

特に脳は熱による影響を受けやすいため、発症後の冷却がその後を左右します。

 

正しい判断で一刻も早く救急車を要請しましょう。

緑内障の私が日常生活で気を付けている点・予防法
  • 投稿 2018/03/29
  • 病気
緑内障の私が日常生活で気を付けている点・予防法

 

特に疲れ目以外自覚症状は何もなく、眼科にも通っていましたが

 

 

その当時は眼科医に何も言われることもなく生活していました。

 

 

引っ越しで東京に戻ってきて

人に紹介された眼科に行ったら「正常眼圧緑内障ですね。」と言われたのです。

 

 

今まで、眼科にも通っていてそんな話は全然言われたことなくて、寝耳に水の状態でした。

 

病気を見つけてもらってよかったと思っています。

 

緑内障は自覚症状が特にないうちに症状が進んでしまって、

医者に行ったときは手遅れという事が多いのです。

 

 

日本における失明率第1位

 

40歳以上の20人に1人が緑内障と言われています。

 

 

年齢とともに患者さんが増えていきますが、最近では患者さんは低年齢化してきて30代から発症して

 

緑内障であるにもかかわらずに気づかずにいる方々がたくさんいることもわかってきました。

 

 

ほっておくと失明という怖い病気です。

 

 

しかし、最近のい医学の進歩によって早期発見・早期治療で最悪の事態を避けることができるようになりました。

 

 

房水と眼圧

 

 

房水とは、目の中を循環する液体で、房水の循環によってほぼ一定の圧力が眼内に発生し、眼球の形が保たれています。

 

眼圧とは目の硬さという事になります。

 

 

目の中を循環して栄養を運ぶはずの房水がうまく排出されずに眼球内にたまって

眼球が内側から圧迫されるのが眼圧が高くなる原因です。

 

 

眼球が硬くなって(眼圧が上がると)眼球の奥にある視神経が障害されやすくなり、緑内障になる確率が高くなります。

 

 

通常の眼圧は10~21mmHGと言われています。

 

自分の眼圧知っていますか?

 

 

眼科に行って皆さん1度はやったことあると思うのですが、目を大きく開けて眼球に空気があたる器械で眼圧を測っています。

 

 

眼圧は一定ではなく、体調やいろいろな状況によって変わってきますので

ご自分の普通の眼圧はいくつか知っておくといいですね。

 

 

私は普通、13ですがそれでも緑内障ですから、正常値だからと言って

安心はできません。

 

 

 

「正常眼圧緑内障」の患者さんが過半数を占めていることが判明したからです。

 

 

緑内障の症状としては

 

 

視野が狭くなってきて、最後は失明してしまうのです。

 

視野は鼻側から徐々に中心部へと欠けてきます。

 

 

人間普段は両眼で見ているので、片方の調子が悪くても、もう片方で補ってしまうので

少し位見えにくくても気が付きにくいのです。

 

それが発見を遅らせる原因となっています。

 

 

私は眼圧が高い時は、眼球の奥がジーンと重苦しく痛い感じになって、目をつむって休みたい感じになります。

 

 

でも、その症状だけでは判断しにくく、ほかの病気の時もありますので

まずは病院で見てもらうのが一番です。

 

 

最近では、眼圧が正常でも緑内障になる原因として

視神経がもともと弱い、視神経の血流不足、加齢、強度近視、低血圧でも起こりやすいことが分かってきたのです。

 

 

緑内障の対処法

 

眼圧を下げるのが基本の治療になります。

 

眼圧を下げる点眼薬

 

房水を排出する手術・レーザー治療があります。

 

私は毎月1回定期検診を欠かさず、点眼薬をもらってきています。

 

半年に1回、視野の検査。

 

私は点眼薬で眼圧が抑えられているので、毎晩1回の点眼ですんでいます。

 

 

日常生活の注意点

 

 

眼圧をあげないような生活習慣の改善をすることです。

 

 

体調が悪くならないように普段から気を付ける事(これは何事においても基本ですね)

 

 

風邪を引くと緑内障の人は飲めない風邪薬がありますので、病院の先生に緑内障ですと告知しないといけません。

 

(初診の時のアンケートにも忘れずに書いてくださいね。)

 

 

うつ伏せで寝ない。うつ伏せで寝ると眼圧が上がります。なるべく、目を圧迫しないように寝ましょう。

 

 

ネクタイをきつく締める、シャツのボタンを上まできっちり閉めることは止めて、なるべく緩めにシャツは第一ボタンは開けましょう。

 

 

あと、スマホの水平見です。あんまりうつむいて長時間見ることはしないようにしましょう。

 

 

房水の流れが悪いのは血流障害と言われているので、毛細血管の流れを悪くするたばこは止めるようにしましょう。

 

 

禁煙です。

 

 

有酸素運動をすると眼圧が下がることが分かってきました。一日、散歩程度に楽しく13000歩、少しづつ分けて歩きましょう。

 

 

全身の血流を良くすることで眼圧が下がるそうです。

 

 

少食と夜9時に寝るのもいいそうです。(これはちょっと私には無理ですね)

 

 

目の疲れをとるために目の体操をする。えんきんを見る習慣をつける。(目の疲れを取り、血流を改善してやる)

 

 

水分も大事です。水分補給も気にかけてしてください。

 

 

お風呂で目にシャワーをかけて温めるのもいいそうです。身体を温めてリラックスしてやってください。

(40℃両目5分)

 

 

上下まぶたのマッサージも一緒にやるといいです。(その時、眼球を強く押さないように)

 

 

私は寝るときに目を温めています。これも血流改善にいいというより、目の疲れも取れぐっすり眠れます。

 

 

最後に

 

 

これも生活習慣病ですね。

 

 

魚と肉をバランスよく食べる

 

 

緑黄色野菜を取る。とくにカシス・ブルーベリーは目にいいですね。

 

 

煙草を控える。

 

 

紫外線に気を付ける。サングラスはレンズの色は濃いものじゃなく色の入っていないくらいの淡いものが目のためにいいと先生に言われました。

 

 

目の健康維持のためにアミノ酸を取る。

 

 

目のえんきん体操。

 

毎日の全身の適度な運動。(3ヶ月以上続けることが大切)

 

 

まとめ

 

 

眼球の房水の産生、排出は自律神経のバランスにかかわっているのでストレス等でバランスが崩れないように生活することが大事です。

 

 

緑内障・白内障は自律神経のバランスが崩れた状態なのです。

 

 

日々の生活から自分の目を守るようにしましょう。

 

臭っ!これ病気?おならがよくでる原因と病気
臭っ!これ病気?おならがよくでる原因と病気

おならって病気って感じしませんが、実は体調が悪いから出るという事もあるんです。

 

 

みんな恥ずかしいから、口に出して言いませんがおならや腸の事で悩んでいる人は実際に

 

多いです。

 

 

おならは自分の身体の信号です。

 

 

毎日、元気で暮らせるようにおならからの信号をきちんとキャッチしたいですね。

 

 

その原因を調べていきます。

 

 

過敏性腸症候群

 

 

検査を行っても特に症状がないのに、下痢や便秘、腹痛になったり。

 

 

20歳~40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多いといわれています。

 

 

繊細で神経質な人ほどかかりやすい。一時的なストレスから発症することから神経症、

 

 

うつ病の一種といわれることもあり、

 

 

気にするから余計に敏感になり、我慢してと悪循環になりやすいです。

 

 

下痢を繰り返す人、便秘を繰り返す人、ガスがたまっておならが多く出る人と症状は人に

 

よって色々。

 

 

一時、過敏性大腸症候群と言っていましたが、大腸だけでなく小腸でも起こるため、過敏

 

 

性腸症候群というようになりました。

 

 

 

仕事等のストレスから、口から必要以上の空気を吸い込んでしまったり、時間がなくて早

 

 

食いをしたりして、空気を一緒に飲みこみ、おなかにガスがたまり苦しい。

 

 

ストレスで自律神経の交感神経が活発になって、腸のせんどう運動を促してしまい、おな

 

 

らがたくさん出る状況にしてしまっていることも考えられます。

 

 

普段から、軽い運動をするとか、お腹のマッサージをするとか、ストレスをためないよう

 

 

に心がけることも大切です。

 

加齢によるおならの増加

 

40歳あたりからおならが増えてきたなぁと感じたら、やっぱり腸内の環境に気を付けて食

 

事をするようにしましょう。

 

加齢は腸にも影響するのです。

 

善玉菌が減ってきて、悪玉菌が増えるとおならが臭く感じたりします。

 

なんといってもバランスの良い食事、ヨーグルトを取ったり乳酸菌を取るようにを心がけ

 

ましょう。

 

野菜や玄米を取るように気を付けるのはいいのですが、食物繊維の多い食品はどうしても

 

おならが出ます。

 

宿便が臭いという事もありますので、宿便を全部出してしまえば臭くはなくなるでしょ

 

う。

 

納豆やネギを食べるとおならが臭いという人もいます。

 

 

食物繊維の多い食べ物はおならは多くなりますが、臭くはないはずです。

 

 

野菜は体にも腸にもいいので、バランスのよい食事をこころがけましょう。

 

更年期障害のおなら

 

 

更年期障害でおならが出たり、便秘になったり腸内環境が変わることもあるそうです。

 

女性ホルモンのエストロゲンが減少するため、自律神経の働きが鈍くなって内臓などの働

 

きに影響を及ぼすのです。

 

女性ホルモンの働きに似た大豆イソフラボンなどを取って対処しましょう。

 

それでも、胃腸の不調が続くようなら、婦人科に行って治療をすると症状を和らげること

 

ができます。

 

ヨーグルトがいいと言われていますが、一概にヨーグルトなら何でもいいわけではなく、

 

自分の体質に合った乳酸菌を見つけることが大事です。

 

加齢のために乳酸菌が分解しづらいという事もあるそうです。

 

やはり、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

腸内異常発酵

 

腸の中で消化出来なかった食べ物のカスや残っている便などが発酵しガスや臭いおならに

 

なって出てしまうのです。

 

食べ物のかすをきちんと排出できれば腸内環境もよくなり、臭いおならや便で悩むことも

 

なくなります。

 

ストレスも腸内異常発酵を引き起こす原因になるといわれているので、ストレスを軽減で

 

きるような生活をするよう

 

趣味や楽しいことに時間を使うように心がけるといいかもしれません。

腸内環境をよくし、善玉菌が増えるようにオリゴ糖やヨーグルトを取るように工夫をしま

 

しょう。

 

腸まで届く乳酸菌を取り入れたり、食事の改善は時間がかかりますが、体調を見ながらや

 

るといいです。

 

女性に多いガスだまり

 

座ってばかりで動かない仕事をしていたり、洋服でお腹を締め付けていたり、食生活が

 

偏っていたり

 

原因はいろいろ考えられます。

 

冷たいもの、辛いもの、アルコールや脂っぽいものを避け、腸内環境を良くするように

 

乳酸菌や食物繊維をとるように心がけましょう。

 

それでも改善しない人は、市販の薬もありますので、お医者さんに相談するようにしてく

 

ださい。

 

 

妊婦さんも便秘になりやすかったり、ガスがたまりお腹が張る方が多いのですが、

 

 

妊娠中はきちんと病院で見てもらってくださいね。

 

 

 

胆のうの病気

 

おならが臭くてたたくさん出る原因として腸炎、大腸がん、大腸憩室炎という病気が考え

 

られますが

 

その他、肝臓や胆のうの病気という可能性も考えられます。

 

脂肪を多くとりすぎると結石の原因になり、胆のう炎を起こすこともあり、

 

胆のう炎になると、腹部の痛み、おならや消化不良という症状が出ることもあるので、普

 

段から胆石症にならないように

 

食事を気を付けることが大切です。

 

肉類や脂肪分の多いものコレステロールの高いものをなるべく避ける

 

バランスのよい食事を心がける。

 

ビタミンCとビタミンEを取り、食物繊維を多く取るようにする。

 

規則正しい生活をおくる。

 

それでも、改善されないようなら、病院に行って相談することをお勧めします。

 

呑気症

 

食後のおならでそれが無臭で回数が多い時は呑気症の可能性があります。

 

食事をする際に空気を多く飲み込んでしまい、体内に空気がたまり外に出そうとおならが

 

増えていることも考えられます。

 

必要以上に空気を飲み込まないように、また麺などをすすって食べる人も

 

早食い、おそ食いなどに注意する必要があります。

 

炭酸水などをたくさん飲む人も食後におならが増えることもあります。

 

食事の仕方に注意しましょう。

 

もし気になって日常生活に支障をきたすようなら、心療内科で受診してください。

 

呑気症とまでいかなくてもおならやゲップが多い人は空気の飲み込みすぎということがあ

 

りそうです。

 

普段から知らず知らずのうちに空気を飲み込みすぎているので気が付きにくいです。

 

まとめ

 

早口でしゃべるのをやめる。

 

歯をかみしめない。

 

早食いをやめる。

炭酸水を飲まないようにする。

このように簡単なことから注意していくといいですね。

 

このように食生活や日常生活がおならの臭いに大きく関係していることが分かります。

 

まず、おならが気になるようなら食生活を見直し、また食事のとり方、食べ方にも気を付

 

ける必要があるかもしれません。

 

ストレスをためないように適度な運動と、おならを我慢しないこと。

 

それでも改善しないときは、きちんと専門家の診断を仰いでください。

 

おならに気を付けることは、生活習慣病予防にも深くかかわっているようです。

 

おならは健康のバロメーターともいいます。

 

毎日のおならは自分の健康を教えてくれているので、その音やにおいに注意して生活して

 

行きたいものです。